So-net無料ブログ作成

ミトコンドリア増殖・活性サプリメント ミトコリン

不妊症 治療法 [不妊症 治療]

不妊症は、一般的に避妊をせずに1年以上経過しても子供ができない場合と定義されています。そして、不妊症と診断された方は、不妊治療を受けながら妊活を続けていかれることになると思います。

近年では晩婚化が進み、不妊に悩むカップルも増える傾向にあり不妊治療を必要としている人も増え続けています。でも、それに伴って医療技術も進化し、そして不妊症の治療法にもいろんな治療法があるようです。

funin13.jpg

タイミング法

排卵日の2日前から排卵日までがいちばん妊娠しやすいと言われているため、排卵日を推定して性交のタイミングを合わせる治療で、一般的には最初に用いられる治療方法になります。

排卵日は、卵巣内の卵胞の大きさを測定する方法や、尿中の排卵ホルモンを検査する方法で排卵日を予測します。

排卵誘発法

排卵誘発法とは、排卵のない患者さんに対して内服薬や注射などで、卵巣を刺激して排卵をおこさせる方法です。

通常は、排卵のない患者さんの排卵を促すために使われるのですが、人工授精や体外受精などの生殖補助医療の際にも使われることがあります。

人工授精

人工授精は人の手を介して採取した精液から、運動している成熟精子だけをチューブで女性の子宮内に注入する方法です。

人工授精という名称から、人為的な妊娠という印象を受けますが、実際は人の手を介して行う治療法では最も自然な方法といわれてます。

体外受精

体外受精とは、採卵手術によって体内から取り出した排卵前の卵子と精子を、文字通り体外で受精を行う治療です。

体外受精の大きな魅力として、精子と卵子を確実に受精させることができることが挙げられます。つまり、ほとんどの場合受精卵が正しく育って妊娠が成立することです。体外受精の一つに顕微授精があります。

まとめ

ただ、これらの治療法はあくまで精子と卵子が元気な場合にのみ有効であるということです。

精子や卵子に元気がなければ、体外受精をしたとしても赤ちゃんを得ることは困難なようです。だから不妊治療を行うにしても、健康で元気な精子と卵子を育てることを意識しておかなければいけないということですね♪




ミトコンドリア増殖・活性サプリメント ミトコリン




タグ:治療 妊活
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊症 ブログ 20代 [不妊症 ブログ]

若いころは、不妊症でといえば私のような高齢の女性が心配するもんだと思っていたのですが、不妊症関連のブログを読んでいると20代でも不妊症で悩む人がいることが分かります。

若い年代だと、やはり自分が不妊症だと思わないので、治療や検査を受けるタイミングが遅くなってしまう傾向にあるようですね。
20代で不妊症で悩むケースには、排卵障害や生理不順などといった妊娠のメカニズムに問題がある場合や、卵管や子宮の閉塞や癒着、子宮内膜症といった子宮自体に障害がある場合があるようです。

funin12.jpg

また、これは20代に限ったわけではありませんが、過度の喫煙や飲酒、コーヒーなどのカフェインの過剰摂取といった、生活習慣に問題がある場合ももちろん同様のようです。

20代では不妊症への関心は薄いと思いますが、自分が不妊症ではないかと思い始めたときは、20代の方の妊活や不妊症関連のブログを読んでみると、意外に参考になることもあるかもしれませんよ。

そして、同じ悩みを抱える人のブログというのは、
けっこう励まされることも多いです(o^-')b グッ!⇒不妊症のブログ




タグ:ブログ 妊活
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊症 チェック 病院 [不妊症 チェック]

そろそろ赤ちゃんをと思って妊活を始めたものの、なかなか赤ちゃんができない状況が続くと、「もしかして不妊かな?」と、ちょっと不安になってしまいますよね。

かと言って、それを確かめにわざわざ病院に行くというのも、なんだか気が重いものです。

でも、そういう人は私たちだけでなく、妊活している人や不妊症で悩む人の多くが思っていることです。まず病院へ行く前に自分でチェックしてみましょう。

番号 チェック項目
1 痛みどめが必要なほど生理痛が酷い
2 月経周期がずれることが多い
3 性交時に痛みを感じることがある
4 月経の出血量が多い、または大きな血の塊が出ることがある
5 おりものの量・色・においに異常がある
6 貧血である
7 自分やパートナーが喫煙者である
8 日常的に飲酒をしている
9 人工中絶や流産の経験者である
10 多毛である
11 肥満度数値(BMI)が25.0以上もしくは18.5未満である
12 糖尿病である
13 拒食症、過食症になったことがある
14 甲状腺系の病気に掛かったことがある
15 子宮内膜症や子宮筋腫などになったことがある
16 慢性的に強いストレスを感じている
17 クラミジア感染症に感染した経験がある
18 その他性病や性感染症に感染した経験がある
19 生理以外でもお腹に痛みを感じる
20 生理前に肌荒れが起ることがある
21 慢性的に外陰部のかゆみを感じる
22 ひどい冷え性である
23 ライフスタイルが乱れている
24 慢性的に疲労感を感じている
25 以前に過度なダイエットをしたことがある
26 長期間にわたり激しいスポーツを続けたことがある
27 乳首からと白い液が出ることがある
28 基礎体温をはかっても高温期と低温期がはっきりしない
29 2年以上夫婦生活を営んでいても妊娠しない
30 年齢が35歳以上である
※上記はあくまでも個人的に文献で調べたものであり、何ら不妊症の有無を保証するものではないことをご了解ください。

チェック項目が多ければ多いほど、何かしらの不妊症の可能性が高くなるそうです。

また、ひとつもチェックが入らなくても不妊症ではないということではありません。あくまでも参考ですので、自分で納得がいくように調べたいのであれば、病院での受信がお奨めです。

いちばん避けたいのは、不妊症かもしれないと思いながらもそのまま放置してしまい、決心した時にはかなり高齢になってしまっていて、いよいよ難しい状態になっていることです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。