So-net無料ブログ作成
検索選択

ミトコンドリア増殖・活性サプリメント ミトコリン
不妊症 検査 ブログトップ

不妊症 検査 費用 [不妊症 検査]

一口に不妊検査といっても、その内容は女性を中心にその項目は多岐にわたります。

なぜなら、不妊の原因はさまざまで複合的に絡み合っている場合も少なくありません。だから不妊治療を行うにあたっては、まず不妊の原因を特定してからになります。

不妊検査はカウンセリングから始まり、それから実際の検査に入っていくわけですが、生理周期によって複数の検査が行われますので、不妊検査が終了するまでにも相当の時間を要します。

そこで気になるのが不妊症検査の費用ですが、不妊検査にかかる費用というのは一律ではなく、地域の医療機関や行う検査内容によって違ってきます。ここではインターネットで拾った情報を記載していますので、実際は受診されたクリニックでお確かめください。

funin15.jpg

初診はほとんどカウンセリングのみで、おおよそ800円から1000円程度です。血液検査も医療機関によりまちまちで、2000円から20000円前後かかるとされていますが、それぞれ高温期と低温期に検査が行われますので、その回数分の費用がかかります。

子宮や卵巣を診る超音波検査は1500円から3000円前後で、月経検査は4500円前後が多いようです。卵管の詰まりなどを診る造影検査には6000円前後かかり、さらに腹腔鏡検査などの高度な検査をするようなことになれば、かなり費用がかかるようですね。

費用は医療機関によって変ってきますので、実際に検査を受ける前に内容と金額を必ず確認するようにしてくださいね。

タグ:費用 治療 検査
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊症 検査 種類 [不妊症 検査]

不妊の検査には、不妊の原因をさぐるために基本的な項目を調べる「一般不妊検査」と、その検査を受けてさらに詳しい検査が必要と診断されたときに受ける「特殊不妊検査」の2種類があります。

一般不妊検査

まず「一般不妊検査」ですが、一般不妊検査にはどの時期でも可能な検査と、月経周期に合わせて行う検査などがあります。

月経期に行う検査
・FSH・LH・プロラクチンなどのホルモン検査
・前胞状卵胞数の計測(超音波エコー検査)

低温期(卵胞期)に行う検査
・子宮卵管造影検査(HSG)
・エストロゲンホルモン検査
・発育卵胞の計測(超音波エコー検査)
・通気検査
・子宮鏡検査

排卵期に行う検査
・フーナーテスト
・排卵診断薬検査(尿検査)
・卵胞計測・子宮内膜厚の計測(超音波エコー検査)
・子宮頚管粘液検査

高温期(黄体期)に行う検査
・プロゲステロンなどホルモン検査
・排卵後の黄体・子宮内膜厚の確認や計測(超音波エコー検査)

その他の検査
・基礎体温(BBT)
・子宮頸がん検査
・クラミジア検査
・甲状腺機能検査
・感染症スクリーニング検査
・抗精子抗体検査
・抗ミュラー管ホルモン検査(AMH)
・CA125(子宮内膜症などの活性値検査)
・テストステロン検査

男性因子の検査
・精液検査(コンピューター解析)
・FSH・LH・プロラクチンなどホルモン検査

特殊不妊検査

「特殊不妊検査」には、「子宮鏡検査」「腹腔鏡検査」「子宮内膜組織検査」「抗精子抗体検査」があります。

子宮鏡検査と子宮内膜組織検査というのは子宮内膜や子宮膣内の検査で、それほど時間がかからないので日帰り受診が可能ですが、腹腔鏡検査は卵管や卵巣の異常を調べる検査なので、腹腔鏡を使うため1~5泊程度の入院が必要となります。

また、抗精子抗体検査というのは抗精子抗体があるかどうかを採血をして調べるもので、血中LH検査などの排卵日を予測する検査を同時に行っていき、妊娠への道を探っていきます。

不妊症の治療には保険が適用されないものが多いので、自己負担になってしまうものが多く思ったより高額になってしまうこともあるようです。病院によっても異なりますので、心配な時は事前に病院に確認した方がいいでしょう。




タグ:不妊検査
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊症 検査 [不妊症 検査]

自分が不妊症ではないかと思っても、なかなか検査をしてもらうのに踏み切れないという人も多いかと思います。

その理由は、自分が不妊症であるという現実を突きつけられるのが怖いというもの、そしてもう一つはどういう検査をされるのか分からないので、検査を受けること自体が不安だという、この二つではないかと思います。

一つ目の「自分が不妊症であるという現実を突きつけられるのが怖い」というのは、これから先、本当に妊娠を望むのであれば避けては通れないものです。

不妊の原因が分からないままでは具体的に対処のしようがないので、これではいくら妊活しても先へ進むことはできません。ここは意を決する必要があります。

二つ目の「どういう検査をされるのか分からないので、検査を受けること自体が不安」という問題は、あらかじめ検査の流れが分かっていれば解決されるはずです。

funin3.jpg

では、その不妊症検査の一般的な流れはというと…

まず、初診では問診と内診(生化学検査)及びカウンセリングがおこなわれます。カウンセリングでは、避妊をしなくなった時期から夫婦生活の頻度、これまでの中絶や流産の有無などの踏み込んだ質問もありますので、聞かれても困らないようにあらかじめ準備しておきましょう。

一般不妊検査で不妊の原因を見つけるための基本的な検査をして、一般不妊検査で原因が分からなかったものをさらに検査する、特殊不妊検査を行くという流れになっているようです。

私の場合は今年ダメだったら受診しようと思っていたけど、幸いにも妊娠することができたので、不妊治療を受けたことがありません。

でも、それほど怖そうな検査はないようですから、心配しないで臨まれたらいいかと思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
不妊症 検査 ブログトップ