So-net無料ブログ作成
検索選択

ミトコンドリア増殖・活性サプリメント ミトコリン
不妊症 漢方 ブログトップ

不妊症 漢方 ツムラ [不妊症 漢方]

西洋医学の不妊症治療で効果が得られない方や、体力的或いは精神的な負担の多さから、東洋医学での不妊症治療を望まれる方も多くいらっしゃるようです。

東洋医学での不妊症治療といえば漢方薬です。漢方を用いての不妊症治療は、不妊の原因となっている体質を根本的に改善することで、自然妊娠を促していくというものです。

そして、漢方という言葉を聞いて私の頭の中に浮かぶのは、やっぱり有名なあのツムラですね。

今回は、不妊症治療によく用いられているそのツムラの漢方薬をご紹介します。

funin14.jpg

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん:NO.23)
婦人科三大漢方薬といわれていて、婦人科系の治療でよく使われるのがこの「当帰芍薬散」です。
主な効果は血行促進とホルモンバランスの調整で、血の巡りを良くすることで基礎体温を上げ、子宮を温めて着床しやすい環境を作ってくれます。
また、排卵がスムーズになることで妊娠しやすい体になり、体の中の余分な水分の排出を促します。

加味逍遙散(かみしょうようさん:NO.24)
婦人科三大漢方薬の一つで、精神の高ぶりを抑えホルモンバランスの乱れを整えてイライラを落ち着かせてくれます。
血の巡りを良くして体を温めることで、子宮を温めて着床しやすい体に変えてくれます。
また、質の良い睡眠がとれるようになることで健康な体へと導いてくれます。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう:NO.38)
血行を改善することで体を温めて手足の冷えを解消するとともに、臓器に酸素・栄養素・ホルモン・免疫物質が効率よく運ばれ、子宮や卵巣の働きを活発にします。
さらに卵胞の発育が良くなることで、排卵もスムーズに行われるようになります。
また、体内から二酸化炭素や老廃物が出やすくなるので、妊娠を阻害する要因が排除されます。

温経湯(うんけいとう:NO.106)
血の巡りを良くして貧血や冷え症を改善し、基礎体温を上げることで着床しやすい体に整えてくれます。
月経不順や月経困難症などの改善が期待でき、また不眠や神経痛などの解消にも効果があります。

最近は漢方処方に積極的なクリニックも増えていますので、ほとんど保険適用で漢方薬を出してくれると思います。

また、漢方薬局は自分の体質に合った漢方薬を作ってくれるので、自分にピッタリ合った漢方薬が欲しいと思ったら漢方薬局を利用するのがいいかもしれませんね。

ただし、漢方薬局では保険が適用されませんので、継続して利用する場合は経済的負担が多くなることは覚悟してくださいね♪




後藤真希様愛用の葉酸サプリメント




タグ:漢方
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊症 漢方 効果 [不妊症 漢方]

不妊症の方で、不妊治療から漢方薬治療に代えたらすぐに妊娠することができたという方もいらっしゃいますが、毎月高額な費用をかけたものの1年以上経っても効果がみられなかったという方がいらっしゃいます。

そもそも漢方というのは、個々人の体質に合わせて調合されるものですから、誰かがある漢方薬を飲んで効果があったからといって、それが自分にも効果があるとは限らないのです。

不妊症に効果がある漢方には以下のものがありますが、漢方には即効性がありません。場合によったら数年続けていくことにもなりますので、それなりの出費は覚悟する必要はありますよ。

婦宝当帰膠(フホウトウキコウ)
更年期障害による疾患、頭痛、肩こり、貧血、腰痛、腹痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、生理不順、生理痛、冷え症など

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
体の疲れ、冷え性、貧血症状、生理不順、生理痛、生理前後の不快症状、不妊症、むくみ、頭痛、めまい、肩こり、更年期障害など

温経湯(ウンケイトウ)
生理不順や生理痛、更年期障害、頭痛、足腰の冷えや痛み、冷えのぼせ、しもやけ、指掌角皮症(主婦湿疹)など

加味逍遥散(カミショウヨウサン)
疲れやすい、肩こり、更年期障害、月経困難、月経不順、冷え症、不眠症など

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
生理不順、生理痛、頭痛、めまい、肩こり、のぼせ、足の冷え、更年期障害、子宮内膜症、筋腫、ニキビやシミ、しもやけ、痔、打ち身、肝臓病など

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)
夏やせ、病後の体力増強、結核症、食欲不振、胃下垂、感冒、痔、脱肛、子宮下垂、陰萎、半身不随、多汗症など

?帰調血飲第一加減 (キュウキチョウケツインダイイチカゲン)
産後の衰弱、血の道症、月経不順、骨盤内鬱血症候群、貧血症、痔疾患、体力低下、自律神経失調症、乳汁分泌不足など

八味地黄丸(ハチミジオウガン)
頻尿、排尿困難、足腰の痛みなど

杞菊地黄丸(コギクジオウガン)
かすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ、視力低下など

紫河車(シカシャ)
卵巣ホルモン、黄体ホルモンなどのホルモンを多く含み、性生殖器官の発育を良くする

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
血液循環、便通、イライラ、ホルモンのバランスを整える効果も期待できます。肥満体質の人でのぼせ気味や下腹部が張り便秘がちの人に

田七人参(デンシチニンジン)
免疫力の増加、疲労回復、精力増強など

いずれにせよ、長い目で見ることが必要のようです♪




タグ:漢方
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊症 漢方 [不妊症 漢方]

妊活を始める人の中には、漢方薬を使って体質改善から入る方もいらっしゃるようですね。なかには、実際にそれで妊娠することができたという人もいらっしゃるようです。

でも、漢方薬ってほとんど馴染みがなく、お薬の名前も難しいのでどれを選んだらいいのか分からないし、副作用なんかも気になりますよね。

そもそも漢方というのは、病気になった所を直接治療するのではなくて、個々人の体質に合わせてからだ全体を調整することで症状を改善するという考え方です。体質を改善していくにはとても有効な方法だって私も思いますね。

不妊の原因が特定できたら、それを治すために必要な漢方薬を服用すしていくわけですが、不妊の原因が分からなかい場合でも、体質改善で対処することができるという点は魅力ですね。

ninkatsu36.jpg

ただ、昔から漢方薬は利き目が穏やかだと言うけれど、身体に合わないとじんましんやむくみ、動悸、不眠、熱、食欲不振といった副作用が出ることもあるので服用には注意が必要です。

ですから、漢方を試してみたいと思ったときは病院や漢方薬局で処方してもらうのがおすすめです。でも、継続使用の場合は市販の漢方薬を利用してもいいと思いますね♪






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
不妊症 漢方 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。