So-net無料ブログ作成
検索選択

ミトコンドリア増殖・活性サプリメント ミトコリン
不妊症 治療 ブログトップ

不妊症 治療法 [不妊症 治療]

不妊症は、一般的に避妊をせずに1年以上経過しても子供ができない場合と定義されています。そして、不妊症と診断された方は、不妊治療を受けながら妊活を続けていかれることになると思います。

近年では晩婚化が進み、不妊に悩むカップルも増える傾向にあり不妊治療を必要としている人も増え続けています。でも、それに伴って医療技術も進化し、そして不妊症の治療法にもいろんな治療法があるようです。

funin13.jpg

タイミング法

排卵日の2日前から排卵日までがいちばん妊娠しやすいと言われているため、排卵日を推定して性交のタイミングを合わせる治療で、一般的には最初に用いられる治療方法になります。

排卵日は、卵巣内の卵胞の大きさを測定する方法や、尿中の排卵ホルモンを検査する方法で排卵日を予測します。

排卵誘発法

排卵誘発法とは、排卵のない患者さんに対して内服薬や注射などで、卵巣を刺激して排卵をおこさせる方法です。

通常は、排卵のない患者さんの排卵を促すために使われるのですが、人工授精や体外受精などの生殖補助医療の際にも使われることがあります。

人工授精

人工授精は人の手を介して採取した精液から、運動している成熟精子だけをチューブで女性の子宮内に注入する方法です。

人工授精という名称から、人為的な妊娠という印象を受けますが、実際は人の手を介して行う治療法では最も自然な方法といわれてます。

体外受精

体外受精とは、採卵手術によって体内から取り出した排卵前の卵子と精子を、文字通り体外で受精を行う治療です。

体外受精の大きな魅力として、精子と卵子を確実に受精させることができることが挙げられます。つまり、ほとんどの場合受精卵が正しく育って妊娠が成立することです。体外受精の一つに顕微授精があります。

まとめ

ただ、これらの治療法はあくまで精子と卵子が元気な場合にのみ有効であるということです。

精子や卵子に元気がなければ、体外受精をしたとしても赤ちゃんを得ることは困難なようです。だから不妊治療を行うにしても、健康で元気な精子と卵子を育てることを意識しておかなければいけないということですね♪




ミトコンドリア増殖・活性サプリメント ミトコリン




タグ:治療 妊活
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊症 治療費 [不妊症 治療]

不妊症治療の成功のポイントは、第一によいクリニックを選ぶことなんですが、不妊症には女性と男性それぞれに原因がある場合が多いので、できるならば同じところで検査や治療ができるクリニックを選ぶのがお奨めです。

そして気になるのはその治療費なんですが、不妊症の治療というのは風邪をひいて受診したり健康診断を受けたりするようなものではなく、長期にわたるものだと思ってください。

基本となる検査だけでも、女性の体の仕組み上1ヵ月から、場合によっては数か月かかる場合もあります。

もちろん基本の検査と並行して同時進行で治療も行われますが、とにかく数か月で結果が出るような治療ではありませんから、具体的な治療費の額というものは様々な額になります。

funin10.jpg

ただ、妊娠までの総費用の平均治療費を見ると、体外受精で134.2万円、顕微授精の場合ですと166.6万円となっていて、かなり高額になっているようです。

もちろん平均ですから、数か月で結果が出る方もいらっしゃるだろうし、逆に数年かかる方もいらっしゃるわけで、中には高額な治療費を払うことが困難になることで治療を諦めた方がいらっしゃることも忘れてはいけません。

そのためにも、不妊症治療ではどういう治療にどれくらいの費用がかかるのか、またどれくらいのスパンで治療が必要となるのかなどを、明確に計画を立てて取り組む必要があるようですね。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊症 治療 [不妊症 治療]

赤ちゃんを望んでおられる方の中には、年齢やそのほかの理由がありできるだけ早く妊娠し、出産したいと考えておられる方もいらっしゃるでしょう。

そういう方は、もう自分たちだけで妊活しながら妊娠するのには、もう期待が待てないということで、いよいよ医療機関に頼って不妊症の治療を始めることになろうかと思います。

不妊症治療にはいくつもの方法あり、不妊の原因によってその治療内容も変わってくるようですが、ほとんどの不妊症治療では結果を見ながら判断し、その結果で次の治療に進むというステップアップ治療が行われています。
その、ステップアップ治療の流れはというと…。

ninkatsu26.jpg

まず初めに基本検査をし、基本検査で異常が見つからなければ排卵と射精のタイミングを合わせる、タイミング療法というものをしていきます。

このタイミング療法はおよそ半年を目途に行い、そこで結果が出なければ排卵誘発剤を使用し、卵巣を刺激して卵胞を多く成熟させる排卵誘発を行います。

それでも結果が出なければ、人の手を介して男性の精液を女性の子宮内に注入する、いわゆる人工授精を行い、それでも結果が出なければ体外受精、顕微授精と、手段や方法をより高度なものに変えていくという流れになります。

でも、日本ではまだまだ不妊症治療の認知度は低いのが現実です。タイミング法などは健康保険の対象に入ることが多いのですが、保険適用外の人工授精や体外受精では高額になるのが実情です。

少子高齢化のなか、不妊症の治療が健康保険の対象となるような日が来たら、素晴らしいことだと思いますが…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
不妊症 治療 ブログトップ